部首
(しんにょう・しんにゅう)
画数
10(部首内画数:7)
種別
常用漢字教育漢字
漢検の級
9級
音読み
ツウ[高]
訓読み
とおとおかよ

意味

①とおる。とおす。つきぬける。「通行」「通風」 ②かよう。行き来する。「通勤」「通商」 ③知らせる。「通告」「通知」 ④親しく交わる。「通好」 ⑤くわしく知る。「通暁」「精通」 ⑥広くゆきわたる。一般に行われている。「通常」「通用」 ⑦最初から最後までとおす。「通読」「通夜」 ⑧人情や世情に明るい。「通人」「消息通」 ⑨男女が不義の交わりをする。「密通」 ⑩手紙や文書を数える語。

旧字

通
部首
(しんにょう・しんにゅう)
画数
11(部首内画数:7)
漢検の級
1級/準1級

通の解説 - 小学館 大辞泉

[音]ツウ(慣) (呉) [訓]とおる とおす かよう

学習漢字]2年

〈ツウ〉
  1. つかえずにとおり抜ける。とおる。「通過通行通風通路開通貫通交通疎通直通不通便通融通 (ゆうずう) 

  1. ある場所に行き来する。かよう。「通学通勤

  1. 全体に行き渡る。一般に広く行われる。「通常通説通俗通念通有通用共通弘通 (ぐずう) 普通

  1. ある範囲の全部に及ぶ。「通算通史通読通年

  1. 言葉や情報を相手に伝える。知らせる。「通告通信通知通報内通文通

  1. 物事を広く知っている。物知り。「通暁通人角通食通精通消息通

  1. 男女が情を通わせる。「姦通 (かんつう) 私通密通

  1. 物事を自在に操る働き。「通力 (つうりき) 神通力 (じんずうりき) 

〈ツ〉全部に及ぶ。「通夜

[名のり]とお・なお・ひらく・みち・みつ・ゆき

[難読]通草 (あけび) 木通 (あけび)