部首
(のごめ・のごめへん)
画数
11(部首内画数:4)
種別
常用漢字
漢検の級
4級
音読み
シャク [外]セキ
訓読み
[外]ゆるかす

意味

①とく。ときあかす。「解釈」「注釈」 ②言いわけをする。「釈明」「釈言」 ③理解する。「釈然」 ④ときはなつ。ほどく。ゆるす。「釈放」「保釈」 [類]赦 ⑤とかす。とける。うすめる。「希釈」 ⑥すてる。 [類]捨 ⑦お(置)く。放置する。 ⑧釈迦(シャカ)。また、仏や仏教を表す語。「釈尊」「釈門」

旧字

部首
(のごめ・のごめへん)
画数
20(部首内画数:13)
漢検の級
1級/準1級

釈の解説 - 小学館 大辞泉

常用漢字] [音]シャク(呉) [訓]とく とける

  1. 固まりやしこりがばらばらに解ける。「釈然稀釈 (きしゃく) 氷釈

  1. わかりにくい事柄や文章を解きほぐして述べる。「釈義釈明会釈 (えしゃく) 解釈訓釈語釈講釈注釈評釈

  1. 拘束していたものを解き放つ。「釈放保釈

  1. 釈迦 (しゃか) のこと。「釈教釈氏釈尊

    1. [名のり]とき