部首
(あめ・あめかんむり・あまかんむり)
画数
15(部首内画数:7)
種別
常用漢字
漢検の級
3級
音読み
レイリョウ[高]
訓読み
たま[高] [外]たましい

意味

①たま。神のみたま。万物に宿るたましい。また、死者のたましい。「霊魂」「神霊」「亡霊」 ②ふしぎな。人知でははかりしれない。神聖な。「霊感」「霊泉」 ③よい。すぐれた。「霊知」「霊妙」

旧字

部首
(あめ・あめかんむり・あまかんむり)
画数
24(部首内画数:16)
漢検の級
1級/準1級

霊の解説 - 小学館 大辞泉

常用漢字] [音]レイ(漢) リョウ(リャウ)(呉) [訓]たま たましい

〈レイ〉
  1. 不思議な力や働きをもつ存在。万物に宿る精気。「山霊神霊精霊 (せいれい) 

  1. 肉体に宿ってその活動をつかさどる精神的実体。たましい。「霊肉霊魂不滅心霊全身全霊

  1. 死者のたましい。「霊園霊前霊安室慰霊英霊祖霊亡霊幽霊

  1. 不思議な力をもつ。人知で測り知れない。「霊感霊気霊験 (れいげん) 霊獣霊峰霊妙霊薬霊長類

〈リョウ〉たましい。死者のたましい。「悪霊生霊 (いきりょう) 怨霊 (おんりょう) 死霊精霊 (しょうりょう) 
〈たま(だま)〉「霊屋 (たまや) 言霊 (ことだま) 

[名のり]よし

[難読]産霊 (むすひ)