図解-むし歯と歯周病

歯は「食べる」という生命維持に不可欠な行為の出発点―。ところが、歯の大切さを軽視し、治療を先送りにしたり、予防を怠る人が少なくありません。激痛のようなはっきりした症状が現れたときには、すでに歯の疾患はかなり進んでしまっています。

むし歯の進行経過と治療

・0度

歯菌などから出る酸で硬組織(エナメル質)は侵されていますが、穴は空いていません。

フッ素などによる再石灰化処置が必要です。

・1度

エナメル質だけに穴が空いています。

自覚症状はないことが多いですが、穴は埋めなくてはなりません。

・2度

エナメル質の下の象牙質まで侵されます。

ここまで進行すると、冷たい水や空気が歯にしみるようになります。

・3度

歯髄まで侵され、歯髄炎をおこして痛みにおそわれます。

ここまでくると、神経を抜く根管治療が必要になります。

・4度

歯冠のエナメル質や象牙質はなくなってしまい、歯髄も死んだ状態です。抜歯などの処置が必要になる場合もあります。

歯肉炎

歯周組織に炎症がおこる病気を総称して「歯周病」と呼びますが、このうち、炎症が歯肉に限られているものを「歯肉炎」といいます。

歯肉炎の原因菌は好気性菌と呼ばれ、酸素を好むため歯肉の表面にすみつき、炎症を引き起こします。

炎症をおこして腫(は)れてくるのは、歯と歯の間の歯肉です。健康な歯肉はピンク色をしていますが、歯肉炎になると三角の部分が赤くなり、腫れて盛り上がって見えます。炎症が進むにつれて、歯肉はさらに赤く腫れ上がり、ブヨブヨしてきます。

病気をあぶりだす検査の知識

運動器

消化器

呼吸器

腎臓と泌尿器

生殖器とホルモン

循環器

脳と神経

感覚器

ビジュアルで見る病気