• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

かしゅうみんぺいの解説 - 小学館 大辞泉

[1796~1871]幕末・明治初期の陶芸家。淡路の人。淡路焼を創始し、諸種の釉薬 (ゆうやく) を発明。色絵陶などにすぐれた。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉