• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

かりやえきさいの解説 - 小学館 大辞泉

[1775~1835]江戸後期の考証学者。江戸の人。本姓は高橋。名は望之。日本の古典の考証・注解や金石文の収集などに業績を残した。著「日本国現報善悪霊異記攷証」「古京遺文」「箋注倭名類聚抄 (せんちゅうわみょうるいじゅしょう) 」など。