• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

げんぼうの解説 - 小学館 大辞泉

[?~746]奈良前期の法相 (ほっそう) 宗の僧。大和の人。俗姓、阿刀 (あと) 氏。霊亀2年(716)入唐し、天平7年(735)帰国。橘諸兄 (たちばなのもろえ) のもとで吉備真備 (きびのまきび) とともに権勢を振るい、藤原広嗣 (ふじわらのひろつぐ) の乱を招いた。のち失脚し、筑紫 (つくし) 観世音寺に左遷され、当地で没。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉