• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ちょうさくの解説 - 小学館 大辞泉

中国、唐代の文人。深州陸沢(河北省)の人。字 (あざな) は文成。号は浮休子。名文家としての名は日本にまで知られていた。著「遊仙窟 (ゆうせんくつ) 」「朝野僉載 (ちょうやせんさい) 」など。生没年未詳。