• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

なかにし礼の解説 - 小学館 大辞泉

[1938~2020]作詞家・小説家。満州の生まれ。本名、中西礼三。シャンソンの訳詩を手がけた後、歌謡曲の作詞家となり、洗練された大人の感覚で多くのヒット曲を生む。その後小説も執筆し、自伝的な作品が話題となる。「長崎ぶらぶら節」で直木賞受賞。他に「兄弟」「赤い月」「てるてる坊主の照子さん」など。

なかにし礼の解説 - SOCKETS人物データベース

日本歌謡界を代表する作詞家の一人。黛ジュン「天使の誘惑」(1968年)、菅原洋一「今日でお別れ」(1969年)、細川たかし「北酒場」(1982年)で日本レコード大賞を3度受賞。歌謡曲以外にも、オペラ、ミュージカル、クラシックなどを手がける。
出生地
満州国牡丹江省牡丹江市(現・中国・黒竜江省)
生年月日
1938年9月2日 おとめ座
没年月日
2020年12月23日(享年82歳)
別表記
中西 禮三