• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

べいふつの解説 - 小学館 大辞泉

[1051~1107]中国、北宋の書家・画家。襄陽 (じょうよう) (湖北省)の人。字 (あざな) は元章 (げんしょう) 。号、鹿門居士 (ろくもんこじ) など。息子の米友仁に対し、大米という。書は王羲之 (おうぎし) の書風を受け継ぎ、宋代四大家の一人。絵画は山水画にすぐれ、米法山水 (べいほうさんすい) の様式を創始した。著「書史」「画史」など。