• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ほうじの解説 - 小学館 大辞泉

中国、幽王の后。褒の国の人が献じたところからの名。幽王はなかなか笑わない后を笑わせるために平時にたびたび烽火 (のろし) を上げて諸侯を参集させた。のちに、申侯が犬戎 (けんじゅう) とともに周を攻めたとき、烽火を上げたが諸侯は集まらず、幽王は殺され、褒姒は捕虜になったという。