• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

アタウアルパ・ユパンキの解説 - 小学館 大辞泉

[1908~1992]アルゼンチンのフォルクローレ歌手・ギター奏者・作詞家・作曲家。本名、エクトル=ロベルチ=チャベーロ(Héctor Roberto Chavero)。自然の風景とそこに住む人々の姿を歌った。作品に「インディオの道」「ツクマンの月」「牛車にゆられて」など。

アタウアルパ・ユパンキの解説 - SOCKETS人物データベース

「アルゼンチン・フォルクローレの父」といわれるシンガー・ソングライター。貧しい先住民やガウチョと呼ばれる牧童たちの悲哀を描いた楽曲を、ギター弾き語りのスタイルで数多く発表し、アルゼンチンだけでなく欧米でも人気を博した。
出生地
アルゼンチン
生年月日
1908年1月31日 みずがめ座
没年月日
1992年5月23日(享年84歳)
別表記
アタワルパ・ユパンキ エクトル・ロベルチ・チャベーロ エクトル・ロベルト・チャベーロ Héctor Roberto Chavero