• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

アタナシウスの解説 - 小学館 大辞泉

[298ころ~373]初期キリスト教の教父。アレクサンドリアの司教。325年のニカイア公会議で、アリウス派を論駁 (ろんばく) 。三位一体説を主張し、正統派神学の祖となった。