• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

アナクシマンドロスの解説 - 小学館 大辞泉

[前610ころ~前547ころ]古代ギリシャの哲学者。万物の根源は不生不滅で永遠に運動するアペイロン(無限なるもの)であり、このアペイロンから無数の世界が生成すると説いた。

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉