• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

アルブレヒト・コッセルの解説 - 小学館 大辞泉

[1853~1927]ドイツの生物学者。初め医学を学び、のちに細胞核の生化学的研究の先駆者となった。核酸の化学的組成、たんぱく質の構成などの研究で有名。1910年、ノーベル生理学医学賞受賞。

アルブレヒト・コッセルの解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
ドイツ
生年月日
1853年9月16日 おとめ座
没年月日
1927年7月5日(享年73歳)
別表記
Ludwig Karl Martin Leonhard Albrecht Kossel

[医学/医学の人物]カテゴリの言葉