• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

アンベードカルの解説 - 小学館 大辞泉

[1891~1956]インドの社会改革運動家・政治家。独立インド初代法務大臣。不可触民の集団の一つである「マハール」の出身。米・英国に留学後、不可触民解放運動に挺身 (ていしん) 。最晩年はマハールカースト成員約30万人とともに仏教に改宗し、新仏教運動の祖となった。

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉