イワン・パブロフの解説 - 小学館 大辞泉

[1849~1936]ロシアの生理学者。犬を手術して消化腺に通じる瘻管 (ろうかん) を作り、消化生理を研究。さらに条件反射の実験・研究を続け、大脳の生理機能の究明に貢献した。1904年ノーベル生理学医学賞受賞。著「条件反射研究の二〇年」など。

イワン・パブロフの解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
ロシア・サンクトペテルブルク
生年月日
1849年9月14日 おとめ座
没年月日
1936年2月27日(享年86歳)