ウィルヘルムの解説 - 小学館 大辞泉

(1世)[1797~1888]プロイセン王。在位1861~1888。ビスマルクを宰相として軍備を拡張、普墺 (ふおう) 戦争、さらに普仏戦争にも勝ってドイツを統一し、1871年、初代ドイツ皇帝となった。
(2世)[1859~1941]ドイツ皇帝。在位1888~1918。の孫。帝国主義的政策を掲げて海外に進出、第一次大戦に突入したが敗戦で退位し、オランダに亡命。日本ではカイゼル(皇帝)とよぶ。

(4世)[1447~1508]バイエルン公。在位1463~1508(1463~1467は兄ジギスムントと共同統治)。所領の細分化を防ぐため分割相続の禁止を布告した。

出典:青空文庫

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉