• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ウィレム・アイントホーフェンの解説 - 小学館 大辞泉

[1860~1927]オランダの生理学者。わずかな電気変動を測定する弦電流計を考案し、心臓などの電気現象を研究。心電図法の発見により、1924年ノーベル生理学医学賞を受賞。アイントホーフェン。

ウィレム・アイントホーフェンの解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
オランダ
生年月日
1860年5月21日 おうし座
没年月日
1927年9月29日(享年67歳)

[医学/医学の人物]カテゴリの言葉