• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

エピクテトスの解説 - 小学館 大辞泉

[55ころ~135ころ]ストア学派の哲学者。奴隷であったが、のちに解放された。理性的な意志の力によって不動の心境(アパテイア)に達すべきことを説いた。死後に弟子が講義集録「綱要」などをまとめた。

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉