エラスムスの解説 - 小学館 大辞泉

[1466ころ~1536]オランダの人文学者。人文主義的立場から宗教改革の精神に同調したが、ルターの教皇・教会批判には反対した。ギリシャ語新約聖書の印刷校訂本を初めて出版。著「愚神礼讃」「自由意志論」など。

出典:青空文庫

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉