• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

エリザベス・テイラーの解説 - 小学館 大辞泉

[1932~2011]米国の女優。ロンドン生まれ。愛称はリズ(Liz)。子役としてデビューし、その後も数多くのヒット作に出演。ハリウッドの黄金時代を代表する女優として活躍した。主な出演作に「陽のあたる場所」「ジャイアンツ」「クレオパトラ」「バージニア=ウルフなんかこわくない」など。

エリザベス・テイラーの解説 - SOCKETS人物データベース

二十世紀を代表するハリウッド女優のひとり。リズの愛称で親しまれた。54年の『雨の朝巴里に死す』で人気をはくすが、代表作は、『ジェーン・エア』『ジャイアンツ』『クレオパトラ』といった大作。2004年の『トゥルーへの手紙』が遺作となった。
出生地
イギリス・イングランド・バーネット・ロンドン特別区
生年月日
1932年2月27日 うお座
没年月日
2011年3月23日(享年79歳)
別表記
エリザベス・テーラー Dame Elizabeth Taylor, DBE Elizabeth Rosemond Taylor リズ Liz