エリザベスの解説 - 小学館 大辞泉

(1世)[1533~1603]イングランド女王。在位1558~1603。ヘンリー8世の娘。前代までのカトリックを廃し、新教のイギリス国教会を確立。スペインの無敵艦隊を破って海外発展を果たすなど、イギリス絶対主義の最盛期を築いた。シェークスピアベーコンなど多くの文人が出たので、文芸上、エリザベス朝として名高い。生涯独身を通し、チューダー朝最後の王となった。
(2世)[1926~ ]英国王。ジョージ6世の第1王女。1947年、エジンバラ公と結婚。1952年に即位。1953年、戴冠 (たいかん) 式を行った。

出典:青空文庫

出典:gooニュース