• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

エンペドクレスの解説 - 小学館 大辞泉

[前493ころ~前433ころ]古代ギリシャの哲学者・詩人・政治家・医師。シチリア島の生まれ。万物は地・水・火・風の4元素からなり、愛と憎が動力因として働き、結合分離・生成消滅があると説いた。著「自然について」「浄め」。