オクタビアヌスの解説 - 小学館 大辞泉

[前63~後14]ローマの初代皇帝。在位、前27~後14。養父カエサルの暗殺後、アントニウスレピドゥスと第2回三頭政治を組織。のち、アクティウムの海戦でアントニウスを破り、ローマの単独支配者になってアウグストゥスの称号を受け、事実上の帝政を開始。ローマ文化の黄金時代をもたらした。オクタウィアヌス。