• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

カニッツァーロの解説 - 小学館 大辞泉

[1826~1910]イタリアの化学者。ローマ大教授。1860年、アボガドロの仮説を実証し、原子量・分子量決定の方法を確立した。また、アルデヒドの不均化反応を発見したことでも知られる。カニッツァロ。