• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

カレル・チャペックの解説 - 小学館 大辞泉

[1890~1938]チェコの劇作家・小説家。科学技術と人間のエゴイズムとの結び付きによって生まれる人類の危機を風刺した作品で知られる。「ロボット」の語を初めて用いた戯曲「R・U・R」のほか、小説「山椒魚戦争」、童話「長い長いお医者さんの話」など。

カレル・チャペックの解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト ジャーナリスト
出生地
オーストリア・ハンガリー
生年月日
1890年1月9日 やぎ座
没年月日
1938年12月25日(享年48歳)