• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

カールハインツ・シュトックハウゼンの解説 - 小学館 大辞泉

[1928~2007]ドイツの作曲家。メシアンミヨーらに師事。音楽に偶然性・空間性の概念を導入し、電子音楽において前衛的な作品を発表した。

カールハインツ・シュトックハウゼンの解説 - SOCKETS人物データベース

ドイツ生まれの作曲家。メシアンやミヨーに師事し、理論的な音楽を追究。世界で初めての電子音楽作品を作り、現代音楽におけるセリエリズムを推し進めた。代表作「コンタクテ」のようにシリアスな楽曲の一方で、ヘリコプターに乗って演奏するような奇抜な作風でも話題になる。2007年死去。
出生地
ドイツ・ケルン郊外・メトラート
生年月日
1928年8月22日 しし座
没年月日
2007年12月5日(享年79歳)

[美術・音楽/音楽家]カテゴリの言葉