ギルバート・ケイス・チェスタートンの解説 - 小学館 大辞泉

[1874~1936]英国の小説家・批評家。カトリックの立場から、警句・逆説を駆使した文明批評を行った。また、ブラウン神父を探偵役とした推理小説のシリーズでも有名。評論「ディケンズ論」など。

ギルバート・ケイス・チェスタートンの解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
イギリス
生年月日
1874年5月29日 ふたご座
没年月日
1936年6月14日(享年62歳)
別表記
G・K・チェスタートン G・K・チェスタトン

出典:青空文庫

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉