ギ・ド・モーパッサンの解説 - 小学館 大辞泉

[1850~1893]フランスの小説家。自然主義の代表的作家の一人。鋭い人間観察と強い厭世思想のもとに、簡潔な文体で人生の一断面を描いた。晩年、発狂。作「脂肪の塊」「女の一生」「ベラミ」など。

ギ・ド・モーパッサンの解説 - SOCKETS人物データベース

フランスの自然主義の作家、劇作家、詩人。著書『女の一生』(1883年) は高い評価を受けた。
出生地
フランス
生年月日
1850年8月5日 しし座
没年月日
1893年7月6日(享年42歳)
別表記
ギイ・ド・モーパッサン モーパッサン Maupassant

出典:青空文庫

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉