クヌート・ハムスンの解説 - 小学館 大辞泉

[1859~1952]ノルウェーの小説家。放浪者の孤高の精神を書いた「飢え」で注目を浴び、のち、開拓農民の生活を叙事詩的に描いた。1920年ノーベル文学賞受賞。ほかに「土の恵み」など。

クヌート・ハムスンの解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
ノルウェー・オップラン
生年月日
1859年8月4日 しし座
没年月日
1952年2月19日(享年92歳)
別表記
クヌード・ペーダーシェン(Knud Pedersen)

出典:青空文庫