• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

クリスティアーン・エイクマンの解説 - 小学館 大辞泉

[1858~1930]オランダの医学者。ジャワのバタビアで脚気 (かっけ) の病因を研究、ビタミンB発見の端緒を開き、近代栄養学の基礎に貢献。1929年、ノーベル生理学医学賞受賞。

クリスティアーン・エイクマンの解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
オランダ・ネイケルク
生年月日
1858年8月11日 しし座
没年月日
1930年11月5日(享年72歳)

[医学/医学の人物]カテゴリの言葉