• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

グスタフ・フロベールの解説 - 小学館 大辞泉

[1821~1880]フランスの小説家。精密な考証に基づく客観的描写を唱道し、写実主義文学の確立者とされる。作「ボバリー夫人」「サランボー」「感情教育」「聖アントワーヌの誘惑」など。フローベール。

グスタフ・フロベールの解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
フランス・ルーアン
生年月日
1821年12月12日 いて座
没年月日
1880年5月8日(享年58歳)
別表記
ギュスターヴ・フローベール ギュスターヴ・フロベール