グスタフ・マーラーの解説 - 小学館 大辞泉

[1860~1911]オーストリアの作曲家・指揮者。後期ロマン派に属し、作品は標題的性質と色彩豊かな管弦楽法をもつ。作品に、9曲の交響曲のほか、歌曲「亡き子をしのぶ歌」など。

グスタフ・マーラーの解説 - SOCKETS人物データベース

壮大なスケールの交響曲を数多く作り、日本では1970年代から急速に演奏機会が増えはじめた作曲家。
出生地
ボヘミア・カリシュト
生年月日
1860年7月7日 かに座
没年月日
1911年5月18日(享年50歳)
別表記
G. Mahler

出典:青空文庫