ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルの解説 - 小学館 大辞泉

[1770~1831]ドイツの哲学者。自然・歴史・精神の全世界を、矛盾を蔵しながら、常に運動・変化する、弁証法的発展の過程としてとらえた。また、欲望の体系としての市民社会概念を明らかにした。ドイツ観念論の完成者で、その弁証法は、マルクスにより弁証法的唯物論として批判的に継承された。著「精神現象学」「大論理学」「歴史哲学」。

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルの解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
神聖ローマ帝国・シュトゥットガルト
生年月日
1770年8月27日 おとめ座
没年月日
1831年11月14日(享年61歳)

出典:青空文庫