• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

コワレフスカヤの解説 - 小学館 大辞泉

[1850~1891]ロシアの数学者。ストックホルム大教授。ロシア初の女性大学教授。偏微分方程式に関する論文と、ラプラスの土星の環の形状に関する数学的理論により、ゲッティンゲン大学の博士号取得。文学的才能にも恵まれ、「自伝と追想」などを残す。

[数学/数学の人物]カテゴリの言葉