サッフォーの解説 - 小学館 大辞泉

[前612ころ~?]ギリシャの女流詩人。レスボス島生まれ。率直で簡明な作風の叙情詩・恋歌などは、後世まで永く愛好された。貴族の娘たちに詩や音楽を教えていたことから、同性愛、失恋による自殺などの伝説が生じた。「アフロディテ頌歌」など完全な作品2編のほか、多くの断片が残存。
《原題、(ドイツ)Sapphoグリルパルツァーによる戯曲。5幕の悲劇。1818年初演。を主人公とする悲恋の物語。