• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

シモーヌ・ド・ボーヴォワールの解説 - 小学館 大辞泉

[1908~1986]フランスの女流小説家・批評家。実存主義者で、サルトルの伴侶。小説「招かれた女」「他人の血」、評論「第二の性」、自伝「娘時代」など。

シモーヌ・ド・ボーヴォワールの解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
フランス・パリ
生年月日
1908年1月9日 やぎ座
没年月日
1986年4月14日(享年78歳)
別表記
シモーヌ・リュシ=エルネスティーヌ=マリ=ベルトラン・ド・ボーヴォワール Simone Lucie-Ernestine-Marie-Bertrand de Beauvoir