• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

シャフツベリの解説 - 小学館 大辞泉

(1st Earl of ~)[1621~1683]英国の政治家。下院に入り、クロムウェルに反対して王政復古に努めた。復古後、枢密顧問官・伯爵・大法官となるが、のちに解任。陰謀に参加し、大逆罪に問われ、オランダに亡命。
(3rd Earl of ~)[1671~1713]英国の道徳哲学者。の孫。善と美の一致を説き、人間本性の中に道徳の契機を求める道徳哲学を唱えた。著「人間、風習、意見、時代の特徴」など。
(7th Earl of ~)[1801~1885]英国の社会改革運動家。下院に入り、トーリー党に所属。産業革命後の労働者の待遇改善に努力し、労働立法の制定などに尽くした。