シャープール一世の解説 - 小学館 大辞泉

Shāpūr Ⅰササン朝ペルシア第2代の王。在位241~272。アルデシール1世の子。中央アジア・シリアに進出、260年にはローマ軍を破って皇帝ワレリアヌスを捕虜とし、またこれらの捕虜を使役してグンデシャプールのダムを建設。生没年未詳。