• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

シュライエルマッハーの解説 - 小学館 大辞泉

[1768~1834]ドイツの神学者・哲学者。19世紀におけるプロテスタント神学の第一人者とされる。宗教を哲学と道徳から区別して宇宙の直観と感情の領域とみなし、その本質は無限者に対する絶対依存の感情にあると説いた。著「宗教論」「キリスト教的信仰」など。シュライアマハー。

[宗教・思想/キリスト教・ユダヤ教の人物]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉