シュワンの解説 - 小学館 大辞泉

[1810~1882]ドイツの動物生理学者。胃液のペプシン、神経のシュワン鞘 (しょう) を発見。また、生物体の構造ではシュライデンとともに細胞説を提唱。