• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

シラノ・ド・ベルジュラックの解説 - 小学館 大辞泉

[1619~1655]フランスの小説家・劇作家・自由思想家。軍人として勇名を馳せたが負傷して退役、文筆生活に入った。その生涯はロスタン作の戯曲によって伝説化された。小説「月世界旅行記」、喜劇「衒学 (げんがく) 者愚弄」など。
ロスタンの戯曲。5幕。1897年初演。をモデルにした大鼻で醜男の剣客シラノの、従妹ロクサーヌへの悲恋を描いたもの。

シラノ・ド・ベルジュラックの解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
フランス・パリ
生年月日
1619年3月6日 うお座
没年月日
1655年7月28日(享年36歳)

[文学/外国の作品]カテゴリの言葉

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇・映画の作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉