ジョセフ・コンラッドの解説 - 小学館 大辞泉

[1857~1924]英国の小説家。ポーランド生まれ。船員生活の体験の海洋小説のほか政治小説を発表。人間の倫理性の問題を追究した。作「ナーシサス号の黒人」「闇の奥」など。

ジョセフ・コンラッドの解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
イギリス・イングランド
生年月日
1857年12月3日 いて座
没年月日
1924年8月3日(享年66歳)
別表記
ジョゼフ・コンラッド

出典:青空文庫