• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ジョルジュ・バタイユの解説 - 小学館 大辞泉

[1897~1962]フランスの思想家・小説家。無神論の立場から人間の至高の在り方を追求、第二次大戦前後から神秘的傾向を深め現代文明への根元的批判を展開した。著「無神学大全」「眼球譚」など。

ジョルジュ・バタイユの解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
フランス・ビヨン
生年月日
1897年9月10日 おとめ座
没年月日
1962年7月8日(享年64歳)
別表記
ジョルジュ・アルベール・モリス・ヴィクトール・バタイユ Georges Albert Maurice Victor Bataille

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉