ジョルジョーネの解説 - 小学館 大辞泉

[1477ころ~1510]イタリアの画家。盛期ルネサンスベネチア派の代表者の一人。人物と自然とを一体となし、情趣に富む詩的な作品を残した。作「三人の哲学者」「眠れるビーナス」など。