ジョージ・ゴードン・バイロンの解説 - 小学館 大辞泉

[1788~1824]英国の詩人。社会の偽善を痛罵 (つうば) ・風刺し、生の倦怠 (けんたい) と憧憬 (しょうけい) をうたいあげ、ロマン派の代表者となる。欧州各国を放浪、ギリシャ独立戦争に参加して病死。物語詩「チャイルド=ハロルドの遍歴」「ドン=ジュアン」、劇詩「マンフレッド」など。

ジョージ・ゴードン・バイロンの解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
イギリス・連合王国
生年月日
1788年1月22日 みずがめ座
没年月日
1824年4月19日(享年36歳)
別表記
第6代バイロン男爵ジョージ・ゴードン・バイロン George Gordon Byron, sixth Baron ロード・バイロン Lord Byron

出典:青空文庫

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉