• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

スタンリー・キューブリックの解説 - 小学館 大辞泉

[1928~1999]米国の映画監督。雑誌社のカメラマンなどを経て映画界に入る。芸術性を追求し、問題作を世に送り出した。クラーク原作の「2001年宇宙の旅」はSF映画の金字塔とされる。他に「現金 (げんなま) に体を張れ」「博士の異常な愛情」「時計じかけのオレンジ」「フルメタル‐ジャケット」など。クーブリック。

スタンリー・キューブリックの解説 - SOCKETS人物データベース

SF三部作『博士の異常な愛情』(1964年)、『2001年宇宙の旅』(68年)、『時計じかけのオレンジ』(71年)を監督し、カメラワーク、カット割りや照明などの映画技法で独自のスタイルを確立、作品ごとに様々な物議を醸した映画史上もっとも影響力のある映像作家の一人。
出生地
アメリカ・ニューヨーク州
生年月日
1928年7月26日 しし座
没年月日
1999年3月7日(享年70歳)

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉