セザンヌの解説 - 小学館 大辞泉

[1839~1906]フランスの画家。印象派として活躍したが、のち、色面によって空間を構築する独自の様式を確立し、キュビスムをはじめとする20世紀絵画に多大な影響をもたらした。作「サント・ビクトワール山」「大水浴図」など。→後期印象派

[美術・音楽/西洋の美術作家]カテゴリの言葉

出典:gooニュース