ダンテ・アリギエーリの解説 - 小学館 大辞泉

[1265~1321]イタリアの詩人。フィレンツェの人。ルネサンス文学の先駆者で、早逝したベアトリーチェへの精神的愛を終生の詩作の源泉とした。政治家としても活躍。政変による追放後、放浪のうちに著作を続けた。叙情詩「新生」、叙事詩「神曲」、論文「俗語論」「饗宴」「帝政論」など。

ダンテ・アリギエーリの解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
イタリア
生年月日
1265年
没年月日
1321年9月14日(享年56歳)

出典:青空文庫

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉